結婚式の晩酌人について

晩酌人とは、結婚式当日に特化した呼び方で仲人とほぼ同義として扱われます。
そのため仲人を立てる場合は、仲人が晩酌人を兼ねるということが多いようです。
結婚式当日に立ち会い披露宴などで新郎新婦二人の結婚を列席者に報告するという役割を担っています。
通常、新郎新婦二人をよく知っている目上の方に依頼するのが一般的です。
職場結婚であれば会社の上司、同級生同士であれば恩師などになりますが、実際はあてはまらないケースも多く会社の上司や親しい先輩、親戚などにお願いする場合が多いようです。
いずれにしても尊敬できて結婚後も関係を保てるような方を選ぶのがよいでしょう。
お願いをする場合は最低でも結婚式の3か月前までに済ませておくのがマナーです。
しかし最近では司会者や知人などがその役割を果たすことが多く、実際に仲人や晩酌人を立てるケースは1割程度といわれています。
ただし両親の意向や地方のしきたりなどもあるので家族とよく話し合って決めるのが最適です。

結婚写真 大阪